photo memory

tuki8960.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

そうじゃ吉備路マラソンその1

平成25年2月24日(日)に,五重塔を背景にできるポイントに初めて撮影に行きました。
 マラソンを撮影するのが初めてでもあります。スタート2時間前の7時には駐車場には着きましたが,さすがふくろうのSさんは一番乗りでした。昨年までのコースと逆の進路となったため,有名なポイントは絵にならず,ポイントをSさんと一緒に探しました。逆光気味ではありましたが,直角に曲がるポイントを選びました。このポイントは,背景の空,太陽の光線,人の重なり方と条件が合わないとなかなか絵になりません。撮影中と看板を出している人が近くにいたので,ポーズをとる人が多く,よいのかわるいのか・・・(^_^;) 昨年の吉備路マラソン最優秀賞に選ばれた作品が,ローアングルだったせいか,地面すれすれに撮る人が目につきました。いろいろ工夫をされています。
b0287335_18113660.jpg

[PR]
by tuki8960 | 2013-02-24 18:13 | イベント | Comments(2)

500mmに挑戦その2

平成25年2月10日(日)に八塔寺に冬の天体を撮りに行きました。
 前日のリベンジで,M31のあと,M45(プレアデス星団)に望遠鏡を向けました。1月3日のとき200mmで撮影したM45は迫力に欠け,周辺のガスの写りも今ひとつでした。そこで今回は500mmF6.7での直焦点撮影( F6.7,ss600×4,ISO3200 )となりました。ピントとガイドが甘いですが,前回より迫力が増しました。撮影後,雲が広がり撤収となりましたが,帰り道は鹿を20頭ぐらい見ました。ほとんどの鹿は車のライトで逃げるのですが,体の大きい雄は道の真ん中で動こうともしません。仕方ないので,突進して来ないことを祈りながら道の端を通りました。こんなに鹿を見たのは,奈良の公園以来です。
b0287335_20545645.jpg

[PR]
by tuki8960 | 2013-02-15 20:58 | 天体 | Comments(2)

500mmに挑戦その1

平成25年2月9日(土)・10日(日)に八塔寺に秋と冬の天体を撮影に行きました。
 今年3回目の出動ですが,焦点距離不足を感じていたので,500mmF6.7の直焦点撮影を試みました。久々の目視によるガイドで悪戦苦闘となりました。9日は薄雲が続き,ガイド鏡にガイド星が導入できず,撮影できませんでした。失敗の原因は,明るいうちにガイド鏡とサブスコープの中心を合わせていなかったことによります。これは致命的で,途中で帰ろうと思ったぐらいです。そうこうしていると完全に空は雲に覆われジエンドでした。
 10日は,何としても前日の失敗を防ぐため,日没寸前までには現地に着き調整ができまずは一安心となりました。快晴で,ガイド星はらくらく導入でき,前日の苦戦がウソのようでした。秋の天体はもうすでに西に傾いていたので,急いでアンドロメダ銀河(M31)の撮影に取りかかりました。高度が低かったので,条件はあまりよくないですが,F6.7,ss600秒,ISO3200で何とか4枚撮影できました。画像処理は,4枚の合成+ダーク減算+レベル補正+トリミングをしました。なんかノイジーで周辺減光・収差・色合いが気になります。諸先輩方の画像には全然及びませんが,今後は正確なピント合わせとガイドに気をつけて再チャレンジしたいと思います。オートガイドと自動導入が・・・。空いた時間をお相手していただいたKさん,お世話になりました。
b0287335_21746100.jpg

[PR]
by tuki8960 | 2013-02-13 21:15 | 天体 | Comments(6)

湯布院・九重・阿蘇の旅その8

平成25年2月3日(日)に熊本城に行きました。
 名城だけあって,いろいろな角度から攻めごたえがありました。特に目を引いたのが,二様の石垣です。熊本城が築かれた慶長時代は全国的な築城ラッシュで,技術革新も進みました。右側の石垣は熊本城の中でも古い年代のもので傾斜が緩やかですが,左の石垣は少し急で後で継ぎ足されたものです。この日は,名古屋城から武者姿の人たちが熊本城に応援にきていました。記念撮影でモテモテでした。
b0287335_2112578.jpg

[PR]
by tuki8960 | 2013-02-12 21:04 | 昼景 | Comments(0)

湯布院・九重・阿蘇の旅その7

平成25年2月3日(日)に阿蘇のかぶと岩から阿蘇と九重連峰を眺めました。
 ここは大観望と並んで多くの人が訪れます。朝,九重連峰の牧ノ戸峠を過ぎた当たりから阿蘇を見ると,かすかな霧であまり期待をせず,かぶと岩に行くと,見事な雲海が広がっていました。逆光でいい時間帯を過ぎていたのですが,阿蘇の大自然を感じることができました。
b0287335_105241.jpg

[PR]
by tuki8960 | 2013-02-11 10:53 | 朝景 | Comments(0)

湯布院・九重・阿蘇の旅その6

平成25年2月3日(日)に,蛇越台から由布岳・鶴見岳と湯布院の町並みを撮りました。
 この撮影場所は,標高800mmぐらいで,標高約600mの湯布院,約1500mの由布岳がちょうどよく位置しています。湯布院の町並みに雲海がでると三次の雲海と同様,カラフルな発色を見せるのですが,気温が高かったようです。AM5時過ぎまで雲が多く,最後まで撮影したのは私だけでした。粘ったご褒美に約1時間弱の星を交えたコンポジができてよかったです。いや~,もう夏の星座がでてくることに感動です。ちょうど由布岳の頂上にはくちょう座が迎えてくれました。
b0287335_9462031.jpg

[PR]
by tuki8960 | 2013-02-10 09:49 | 星景 | Comments(0)

湯布院・九重・阿蘇の旅その5

平成25年2月2日(土)に由布川渓谷(猿渡り)に行きました。
場所を変えて前日の雨のリベンジとなりましが,曇りの天気に油断して柔らかい朝の光線を逃してしまいました。今回は,長靴を履いていろいろ撮影ポイントを探しましたが,さらに上流にいい撮影場所があると聞きました。ただそこは,胸まで覆うことができる防水対策が必要で,命がけとのことです。うん~。
b0287335_124899.jpg

[PR]
by tuki8960 | 2013-02-09 12:49 | 昼景 | Comments(0)

湯布院・九重・阿蘇の旅その4

平成25年2月2日(土)に長者原から三股山を眺めました。曇っていた天気が夕方から晴れてきたので,オリオン座のおおよその位置の見当をつけてスタンバイすると,オリオン座の高度が思ったより高かったため,急遽構図を変更しました。残念ながら九重連峰の三股山がシルエット・・・。
b0287335_021124.jpg

[PR]
by tuki8960 | 2013-02-09 00:32 | 星景 | Comments(0)

湯布院・九重・阿蘇の旅その3

平成25年2月2日(土)に湯布院の金鱗湖に行きました。
 大分川の源流のひとつである金鱗湖は、湖底から温泉と清水が湧き出ており、その温度差のために冬季には湖面から霧が立ち上る幻想的な光景が見られる。また、その霧が、由布院盆地名物の朝霧の源であるとも言われる。この景色はお盆に霧が乗ってるように見えることから「霧盆」と呼ばれ、湯布院を代表する風物となっている。(ウィキペディアより)
 当日の朝は,標高が700m近くありましたが,気温が10度近くあり,霧は今ひとつでした。条件によっては幻想的な所のように思われます。
b0287335_23435365.jpg

[PR]
by tuki8960 | 2013-02-07 23:47 | 朝景 | Comments(0)

湯布院・九重・阿蘇の旅その2

平成25年2月1日(金)に,由布川渓谷に行きました。火山灰質砂層であるこの火砕流は、軟質で固結度が低く、浸食されやすいため、深い浸食谷を形成しています。雨で手持ち撮影と輝度差のある被写体に苦戦しました。
b0287335_223654100.jpg

[PR]
by tuki8960 | 2013-02-05 22:38 | 昼景 | Comments(0)

気ままに撮影した風景


by tuki8960
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28